今でも「出会い」「マッチング」というと「風俗」と勘違いされるケースがたまにあるのですが、大昔の怪しい「出会い系サイト」や「テレクラ」とは異なり、今のマッチングアプリはスマホから簡単に利用できる一般的なサービス。女性も男性も気軽に利用できる感じになっています。

恋人探しや友人探しはもちろん、男女の出会いであれば当然「結婚」につながる場合もあるのですが、個人的には結婚紹介系のアプリやサービスより、マッチングアプリの成婚率の方がずっと高い気がしています。というのは、私の周りで出会い系サービス・マッチングアプリで知り合い結婚した人が何組かいるのに対し、結婚紹介所系のサービスを使って結婚したという人が全然いないからです。

たまたまかもしれませんが、これには大きな理由があります。出会い系サービスやマッチングアプリの方が利用しやすい上、「出会いのハードルが低い」というのでしょうか? たくさんの人と気軽に出会えるチャンスが多いからです。


ところが、結婚紹介サービスの方は最初から結婚が目的。しかも、結婚紹介所で働いている知り合いの話では、いま深刻な「男性不足」なんだとか? 「え、結婚紹介所なんだから、男性の方がたくさん登録してるんじゃないの?」という人も多いと思いますが、とにかく結婚紹介のサービスに登録している女性は理想が高すぎる→いわゆる3K(高学歴・高収入・高身長)の男性を求めすぎて、普通の男性が結婚紹介所に登録しても見向きされないという話なんです(汗)。これでは、お見合いというかマッチング自体が成立しません。成婚率どころの話ではないでしょう。

その点、マッチングアプリの方は「友人から」「恋人から」という感じでハードルが低く、「付き合ってみたら相性が良かった」と結婚に発展するケースが多いようです。相手の肩書や年収だけを厳しく選別して全く出会いにならない結婚相談所のサービスより、多くの人が利用していて出会える機会の多いマッチングアプリの方が結婚につながるというのはわかりやすい話。むしろ幸せな結婚を望むなら、多くの異性と出会ったり、実際に会話してみて相性の良い人・会話が合う人を見つけるのが一番だと思います。

と、偉そうに言いつつ私はまだ独身なんですが(汗)、普通に恋人探し・友人探し感覚でマッチングアプリを使うのが気楽だと思います(笑)。